明日葉とは?

明日葉 画像

明日葉は、八丈島や大島、房総半島や三浦半島、
伊豆諸島や紀伊半島など、暖かい太平洋沿岸部で
自生するセリ科の植物です。

 

明日葉という名称は、「明日葉は成長力が強く、
葉をつんでも、明日にはもう新しい葉が出てくる」
という事に由来すると言われています。

 

日本原産とされ、2月中旬〜5月くらいが旬で、古くから
主に天ぷらなどにして食べられてはきましたが、
現代では、青汁の原料として使用されることが多いです。

 

明日葉には、健康面でも美容面でも、非常に有用な
成分が詰まっているため、今非常に注目を集めている
食材なんです。

 

 

明日葉の特徴

明日葉 画像

 

明日葉は、三つ葉に似た植物で、現代では青汁の原料として有名に
なりましたが、古くは栄養補給の食材として重宝されていました。

 

中国では、高麗ニンジンの代用品として使われることもあるようです。

 

青汁の原料は、ケールが使われることも多いのですが、明日葉は
ケールより苦みが少ないため、食材としても幅広く使用できます。

 

明日葉は、内側からスッキリをサポートしてくれるため、キレイになりたい
女性の間でも人気の食材です。

 

 

明日葉の選び方と保存法

 

明日葉は、濃い緑色で、鮮やかなものを選びましょう。

 

黄色がかってきたものは古いものになります。

 

全部使わない場合は、濡れた新聞紙等でくるみ、ビニールに入れて、
冷蔵庫で保管しましょう。

 

立てた状態で冷蔵庫で保存すると、痛みや茎が曲がるのを防げます。

 

明日葉には乾燥が大敵、乾燥には気を付けて保存するのが、
美味しさを保つポイントになります。

 

 

明日葉のレシピ

明日葉 画像

 

明日葉は、天ぷらにして食べる事が多い食材、ちょっとクセが
ある味は、油との相性が◎です。

 

油でスッキリした風味になりますよ。

 

また、ゆでてあえ物やおひたしで食べるのも美味しいです。

 

茹でる際は、茎と葉の部分とに分けて茹でます。
火の通りの悪い茎の部分を先に茹でましょう。

 

茹でたら、一気に冷水で冷まし、水を軽く絞ります。

 

明日葉は、健康食材として注目されているので、
レシピも色々紹介されています。是非参考にして食べてみましょう。